Pureosity

menu openmenu close
Global Targets / Our Research

インドネシアの浄水危機

インドネシアに関するデータ

人口 0 億人

人口の1/3が不衛生な環境で生活

8人に1人が安全な水なしでの生活

インドネシア諸島には 0 の島々があります

都市部から他の島々へ浄水を運ぶのが困難なため

ポータブルな水のろ過システムが必要です

インドネシアにおける水質汚染

  • 健康被害への対処や安全な水を供給するためのコストなどで年間46億ドル相当の損失につながっています
  • 不衛生な水や環境による下痢で多くの子ども達が亡くなっており、死因としての割合はマラリアやはしか、HIVよりも高くなっています

これまでの水処理の方法

煮沸

煮沸により水から微生物を殺菌する方法が広く使われてきました

煮沸による方法の欠点:

  • 多くの燃料や調理器具が必要
  • 粒子が残る可能性
  • 化学汚染物質や重金属を除去できない

家庭では化学的な浄化剤の一つとして塩素が広く使われてきました
塩素は軽く、安価で、簡単に使用することができます

しかし塩素は大変有害で、使いすぎると内臓にダメージを与えたり、時には死に至ることもあります

化学剤

高度な水処理の方法

  • 水処理とは水から不純物を取り除くことです
  • 水処理におけるフィルターは汚染物質をサイズによって分離することができます
  • ほとんどのフィルターはセラミックやガラス繊維、ハードブロックカーボンで作られています
  • セラミック水フィルター
  • ガラス繊維フィルター
  • ハードブロックカーボン

セラミックフィルターは家庭用の水に使われてきました

利点

  • シンプルで安価なシステム
  • 水性のバクテリアの除去
  • 重力のみで1日53~64リットル処理可能

欠点

  • 対ウィルスには効果的でない
  • 化学汚染物質や色は除去できない

上記の欠点により、セラミックフィルターは単独で使われることは少なく、ポリマー膜フィルターと合わせて使われます

ポリマー膜フィルターは水に溶けた固形物やウィルス、化学汚染物質や重金属を取り除くのに効果的です

従って、セラミックフィルターと合わせてポリマー膜フィルターを使うのが現時点で最も進んだ水処理方法と言えるでしょう


ポリマー膜フィルター
Page Top