Pureosity

menu openmenu close
Global Targets / Our Research

食品産業での分離膜

食品加工産業における膜分離技術

飢えと食品

  • 2050年には90億人に達する人口を養うため、現在から 00% 増の食料が必要です
  • 5歳以下の子ども 3.1 百万人 が栄養不良や食品に起因する病気により亡くなっています

健康と食品

  • 2013年の世界市場規模は 0000 億ドル
  • 年間成長率 7.4%

健康の増進や疾病の予防につながる栄養食品や飲料

需要の高い機能食品

1) 乳製品加工業界

  • 2020年までの業界の市場規模 = 598億ドル
  • 年間成長率 = 5.6%

2) 野菜/果物ジュース加工業界

  • 2021年までの業界の市場規模 = 939.4億ドル
  • 年間成長率 = 6%

3) 飲料業界

  • 2020年までのスポーツドリンク業界の市場規模 = 56億ドル (年間成長率 = 4%
  • 2020年までのアルコール飲料業界の市場規模 = 18億ドル (年間成長率 = 9.6%

生活における機能性食品

機能性食品 天然食品 加工食品 コストが高く 複雑な工程 消費者の期待 感覚面(質感、香り、色) 栄養面(カロリー、脂質、ビタミン、アミノ酸) 健康面(がんなどの病の治療) 衛生面(有害な微生物によって汚染されていない) 費用面
機能性食品 天然食品 加工食品 コストが高く 複雑な工程 消費者の期待 感覚面(質感、香り、色) 栄養面(カロリー、脂質、ビタミン、アミノ酸) 健康面(がんなどの病の治療) 衛生面(有害な微生物によって汚染されていない) 費用面

栄養価の高い食品を生産するには、繊細で汚染や混入を防御する加工プロセスが必要

消費者のために栄養価の高い食品を生産するには?

機能性食品の製造における膜分離技術

原料 → 分離膜
原料 → 分離膜
  • 乳製品(乳清(ホエー)、乳脂肪)を分離する
  • 栄養価の高い野菜/果物ジュースを生産し、水分量を調節する
  • ビタミン、アミノ酸などの高純度の栄養素を分離する
  • バクテリアや細菌を食品から除去する
  • 飲料のアルコール度数や塩分濃度を調節する

図:食品産業における膜分離技術(圧力による膜分離)

膜分離技術は従来のろ過技術よりも優れています

  • 1. 緩やかな温度変化 での食品加工が可能です
  • 2. 独自の分離方法(ふるい分け、溶解拡散、イオン交換)による 高い選択性 があります
  • 3. コンパクトでモジュラーなデザイン により、設置や拡張が容易です
  • 4. 従来の方法と比べ、エネルギー消費を低く 抑えることが可能です
Page Top